部屋を一通りみてみます。

部屋の広さは48平米です。部屋全体としてはベッドが一台なのもあってかなりスペースに余裕を感じます。かといって、バスルームもかなり広くとられています。部屋と水周りの仕切りがガラスなので開けておけば全部広々です。外国人向けのホテルなのでバスタブとシャワールームは別になっています。日本人には慣れが必要なスタイルですね。タオルはたくさんありました。部屋のスリッパはふかふかです。部屋にはCONRADって名前の入った紙袋があってなんだかんだこれが活躍しました。

荷物の整理を終えてアフタヌーンティータイムのエグゼクティブラウンジへ行きました。ラウンジは37階のCityサイドです。電通さんとか日テレさんが見えます。窓際に座ると席によっては虎ノ門ヒルズまで見通せます。アンダーズですね。アフタヌーンティータイムのケーキ類は結構充実してるしどれもおいしかったです。ラウンジスタッフの数はヒルトン東京お台場と同じくらいいたように感じます。規模が全然違うのでサービスの質(っていうかスタンス?)も違っています。何度でもネスプレッソを淹れてきてくれるし、それ以外にも何かとタイミングを見計らいつつ声をかけてくれます。

ある程度ラウンジを満喫したところで29階の水月スパへ。ちなみに、部屋で着替えてから降りても良いし、ロッカーは無料で使えるので更衣室で着替えてもよいです。着替えの類いを持ち運ぶ際はさっきの紙袋を使う人を複数見かけました。案外こういうときのカバンみたいなものって持ってこないんですよね・・・

なにもわからなくて不安な場合は手ぶらで行って「初めてなんですけど~」とか言えば一通り施設を案内してくれるはずです。タオルとバスローブは無限に更衣室に用意されています。

水着の上からバスローブを着てプールサイドへ行きます。プールは25mプール?みたいな長いものです。一応2レーンに分けてあったので水遊びの人向けとバリバリ泳ぐ人向けが分けられているって感じですね。プールサイドには水のペットボトルが準備してあって、いくらでももらえます。

プールはラウンジと同じ電通・日テレビュー。一応北側の角なので端まで行けば築地とかのほうも見れます。そういえばプールサイドにはキャップがあって、使えるようになっています。水着自体は有料レンタルでしたが、キャップは自由に使えます。

この日は混雑気味の日程だったのか、10人ほど利用者がいたのでさくっと泳いだだけで退散しました。CONRAD東京ではジャクージは男女別で更衣室からいけるようになっています。サウナと4つの大きなジャクージがそれぞれにあります。男女分けてあるので、水着を持ってなくてもジャクージだけ使うことはできます。ヒルトン東京お台場は水着がないと使えませんね。

シャワールームは独立したものが1つあるので、他人の目が気になる人でも大丈夫です。シャワー自体はジャクージの横にも2つありました。まあそもそもCONRAD東京のスパでたくさんの人と遭遇することは想定できませんが。

シャワールームとジャクージルーム出たすぐのところにタオルの山があるのも安心ですね。そういえば、ヒルトン東京お台場ではロッカー番号を指定されましたが、CONRAD東京では指定されませんでした。知らない利用者が隣を使うなんてことも起こることがなく、良いと感じました。ただ、どのロッカーを使っていたかわからなくなる人が時々出るんじゃないかなーとは感じましたけど、そもそも利用者少ないので・・・